新千里北町団地:鶴谷真さん

「窓からタワーマンションが見えますけど、うらやましいとは思いません」

今回の住み団さんは、千里ニュータウンの新千里北町団地にお住まいの鶴谷真さんです。お仕事で、団地と団地に住む人たちのことを調べているうちにその良さに気付いて引っ越されたとのこと。鳥のさえずりが聞こえるご自宅で、団地での暮らしについてお話をうかがいました。

● 新千里北町団地に住み始めたわけ
● 新千里北町団地ってどんな団地?
● 部屋の住み心地
● 住んでみてわかった団地のよいところ
● 団地に住もうと思っている人へのメッセージ

鶴谷真さん(38歳、会社員)
新千里北町団地をレーダーチャートで評価していただきました。

団地に住むきっかけはなんだったのですか?
仕事で、団地や団地に住む人々のことを調べたことがあったんです。仕事ですから、何ヶ所も団地を訪れて、真剣に調べたました。その過程で、団地の魅力に気がつきはじめました。「これは世間から忘れられているだけで、実は住みやすい」とわかり、自分でも引っ越しを考えるようになりました。
数ある団地の中でも、この団地を選んだのはどうしてですか?
勤め先の梅田に近くて、一本で行ける千里中央の団地を選びました。当初はより会社に近い都心の団地(市街地住宅)も考えていましたけど、駐車場の問題で断念しました。
この部屋に決めた決め手は?
この団地の中で、4部屋ぐらいを内覧しました。大きくリニューアルされた部屋と昔のままの部屋がありましたが、新しさにはこだわっていなかったので、迷わず安い昔のままの部屋を選びました。リニューアルされた方は、部屋を一つ減らしてリビングを大きくして普通のマンション風にしているんですけど、そんな新しさはいらんなと(笑)。新旧タイプで家賃が一万円違ったので、その差額を駐車場代にあてました。

この団地は通勤に便利そうですね。
すごく便利です。団地から千里中央駅まで徒歩5分くらいです。梅田の職場までドアtoドアで40分強といったところです。
一年半住んでみて、団地の雰囲気はどうですか?
静かですね。昔からずっと住んでいる、高齢の方が多いからかもしれないです。それと全体にゆったりしていますね。外が広いので、室内も面積のわりに広い感じがします。
若い世代は少ないですか?
若い子育て世代もいるようですし、子供もいます。実は、上の部屋にお子さんをお持ちのご家庭が住んでいて、階段を歩く音や公園で遊んでいる声が聞こえます。そんな音を聞くとホッとしますね。
緑はどうですか?
多いですね。緑が多いということが、こんなにホッとするものなのかと思いました。もともとは自然が苦手で、蝉も虫も悲鳴を上げるくらいダメなんですよ(笑)。そのうち飽きるかと思ってましたけど、住み始めて1年半経った今でも、この団地に帰ってきたくなるので自分でもびっくりしています。建物自体はコンクリートであったとしても、合間合間に緑があることがいかに大事かということを教えられました。庭付き一戸建てを買いたいと思わなくなりました(笑)。
団地内でのトラブルの話を聞くことありますが、この団地ではどうですか?
公団の団地ということもあって、ないですね。借りる前にグルーッと見て回って、ベランダなど汚い部屋があったらやめようと思っていたけど、そんなこともなかったですね。そうそう、意外と上下隣の音がしないです。かえって前に住んでいたマンションの方が気になっていたくらいです。

 

入居してみての印象はどうでしたか。昔ながらのタイプの3Kということでしたが。
和室が三室あるんですけど、引っ越したときに畳の匂いがするのが印象的でした。いまでもふとしたタイミングの時に匂うことがあります。畳や襖など人が触れる箇所は入れ替えられていて、古い民間賃貸よりむしろきれいなのではないかと思います。
1年半経っての住み心地はどうですか?
窓が多いので風通しがびっくりするくらいいいです。そして明るい。マンションだと、地下室みたいに昼間から電気をつけているところあるけれども、ここは電気をつけなくても大丈夫ですね。
昭和40年代の団地ですが、設備は古いことはないですか?
設備はもっと古いと覚悟していたけど風呂も湯沸かしも全自動ですし、築45年とはいえむしろ新しさを感じました。
団地は収納が多いとよく聞きますが。
収納がたくさんあるのはありがたいです。玄関の収納はゴルフバックを入れるのに重宝していますし、二部屋から使える押入れ、天袋も収納できて便利です。これだけあれば家族連れでも十分じゃないですかね。
住んでみて困ったことはありますか?
設備で取り付けられていないものがいくつかあります。まず、電灯の壁スイッチがないので照明の選択肢は限られます。はっきりした洗濯機置き場がありませんし、コンロや網戸も付いていません。ウォシュレットは何万円から支払うと付けてくれます。しかし、それぞれは工夫や別途購入で解決することができるレベルだと思います。

団地に引っ越してから、何か生活の変化はありますか?
隣近所の人に会うと、普通に挨拶するようになりました。以前住んでいた民間マンションでは人に会わないように、会っても目を合わさないようにしてたんですけど、この団地に移って人に会うことにストレスを感じないようになりました。ゴミを捨てに行く時に、目を見てきちんと挨拶するようになりました。これは意外でしたね。当たり前のことなんでしょうけど。それと最近、さぼってますけど朝に散歩やランニングを始めるようになりました。その途中、植栽の裏など意外なところにあるユニークなオブジェを見つけるのが楽しみです。
団地とマンションの違いはなんだと思いますか?
ワンルームマンションを渡り歩いてきましたけど、ご近所と挨拶するのが当たり前と気がつきましたね。それと、家賃が安い。築45年ということもあるんでしょうけど、駅近さこの広さからすると普通は10万円を超えると思います。ウォシュレットなど、設備にこだわる人にとっては不便なところはあるかもしれないですけど、個人的には全然求めていないので気にならないです。さすがに網戸を自分でつけないといけないのにはびっくりしましたけど(笑)、むしろ面白いと思いました。

 

団地への入居を考えている方にアドバイスをお願いします。
URの窓口の人は町の不動産屋さんほど愛想はよくないですけど(笑)、無理に部屋を勧めてきたりせずきちんと仕事をされているのがいい。お金関係も明朗で更新料も無いし。いわゆる不動産屋くささがないところがないところがURの魅力です。

それと、自治会の活動に積極的に参加したい人、逆に参加したくない人は、自治会にどれくらい関わらないといけないか調べておいた方がいいかもしれない。新千里北町団地はそれほど盛んではないようで、強引に参加させられるということはないです。

最後に団地に住もうかどうしようか迷っている人の、背中をドンと押す一言をお願いします。
URの団地は外見が懐かしいので、中もぼろぼろと言うイメージを持っている人も多いと思いますが、決してそんなことはありません。外も掃除の人が毎朝のように来てきれいです。うちの窓から、タワーマンションが見えていますけど全然うらやましいとは思いません。

以前に母が訪ねてきたのですが「ウォシュレットがないのが欠点だけど、それさえなければみんな気がついていないけどすばらしい住宅だ」と言っていました。

ありがとうございました。

新千里北町団地について詳しくはこちら→