おしえて団地はかせ! 第6回:団地暮らしのライフハック

うっかり団地愛好家と結婚してしまった、団地初心者のが、
ゆかいな団地のなかまたちに、
「この人もあなた方も、なんでこんなに団地が好きなのか」
「いったいどこがいいのか詳しく教えてくれたまえ」と、あれこれ聞く会を開きました。
団地に少し興味がある、団地のことをもっと知りたい方に役立ちそうな話を聞くことが出来たので、そのようすをちょっとずつおすそ分けします。お楽しみに!(全10回)

第6回:団地暮らしのライフハック

賢く快適に団地暮らしをするために知恵、ライフハックがあったら教えてください。

階段の蛍光灯が切れたとか、塩素のにおいがするとか
困ったことがあれば住宅管理センターに電話すること。それが一番。
小さいことでも親切に対応してくれます。

逆に管理センターはどんどん利用して欲しいと思っているみたいですよ。

上の人が鳩のためにパンくず撒いています
なんとかしてくださいと連絡すると
「パンくず撒いている人がいて困っています。鳩に餌やりはやめてください」と
ちゃんと張り紙をしてくれる。

もちろん誰が言ったかはぼかして(笑)。
それでも効かない場合は張り紙のグレードが上がって最後は看板になる。

ホントに対応が早い。

集会所を利用できるのも便利ですね。

このインタビューは団地の集会所で行っていますけど、どれくらいで借りていると思います。

一時間 1000円くらい?

一時間 200円。住民なら誰でも借りれます。飲食 OK。


(第7回に続きます!)

団地博士=チーム4.5畳
団地愛好家集団プロジェクトDの関西ユニット。
団地TOURやPODCAST「オールダンチニッポン」、団地イベント「団地アンプラグド!」等で日々団地情報を発信中。


写真左からみぃみぃ、給水塔UC、けんちん、CAPO、吉永健一