おしえて団地はかせ! 第3回 団地の収納が広いわけ

うっかり団地愛好家と結婚してしまった、団地初心者のが、
ゆかいな団地のなかまたちに、
「この人もあなた方も、なんでこんなに団地が好きなのか」
「いったいどこがいいのか詳しく教えてくれたまえ」と、あれこれ聞く会を開きました。
団地に少し興味がある、団地のことをもっと知りたい方に役立ちそうな話を聞くことが出来たので、そのようすをちょっとずつおすそ分けします。お楽しみに!(全10回)

第3回:団地の収納が広いわけ

 団地って家賃のわりに広くない?
部屋が広いというか、収納が持て余すくらい広いよね。
マンションに比べて、押入れと天袋が豊富。
押し入れはクローゼットと違って、奥行きが深いんです。
布団を畳んで収納することを考えた奥行きですよね。
収納002
あー、なるほど。ベッドありきではない時代の考え方なのね。
いままであんまり馴染みがなかったもしれないけど、天袋は便利なの?
シーズンオフの服を入れるとか、いろいろ便利よ。
まあ、ちゃんと管理できればね(笑)。
人によっては、開かずの天袋になるから注意。
天袋は、位置も高いし、その上奥行きがあるので、
一度入れてしまうと出すのが面倒になる。
あまり出し入れしないものを入れましょう。
布団前提なのはともかくとして、なぜそんなに収納が多いの?
設計の段階で、いかにコンパクトな間取りにするかを考え抜いた結果でしょう。
建て替えて新しくなった団地でもその伝統は引き継がれていて、
ウォークインクローゼットなど、収納の充実ぶりは健在です。
キッチンにも備え付けで収納があるので、食器棚を買わなくてすみます。
賃貸だから、できるだけ家具を新たに買わなくてもいいように
配慮しているんですよ。
ああ、前もって暮らす分に必要な収納が用意されている、と
考えればいいのね。
収納001
そのとおり!今は1DKの間取りに改装されていたとしても、
元は新婚夫婦向けに計画されていて、二人分の広さの収納があるから。
一人暮らしの人がマンションから越してきたら収納の多さにびっくりした。
一人では収納全部を埋めることができないって(笑)。
あー、なるほど。よく考えられてる。以前に襖をはずしてデスク兼本棚、みたいに使っているのを見たことがあるけど
ある意味それも目論みどおりと言えるのねえ。


(第4回に続きます!)

チーム4.5畳:
団地愛好家集団プロジェクトDの関西ユニット。
団地TOURやPODCAST「オールダンチニッポン」、団地イベント「団地アンプラグド!」等で
日々団地情報を発信中。


写真左からみぃみぃ、給水塔UC、けんちん、CAPO、吉永健一