UR賃貸住宅入居資格について

日本国籍のある方(外国人の場合はUR都市機構の定める資格を有する方)で、申込本人が家賃に関連してUR都市機構の定める以下の収入要件のいづれかを満たすことが入居条件です。

A:[平均月収]が収入要件を満たしている
・毎月の平均収入額が月家賃の4倍、または33万円(単身者は25万円)/月以上であることが必要です。
例えば平均月収32万円の人は月家賃8万円の団地まで借りられるということです。
one hour loan lenders ・同居人の収入を足しても構いません(UR都市機構が定める基準の範囲に限る)。

B:[貯金]が収入要件を満たしている
・貯金が月家賃の100倍であることが必要です。
 例えば貯金が1000万円あれば家賃月10万円の団地まで借りられます。

C:[家賃前払い]をする
・1年から10年の範囲で家賃を前払いすることで収入や貯金に関係なく借りられます
 例えば家賃10万円の団地であれば1年分120万円を先払いすれば借りられるということです。


●こんな場合はどの収入要件を利用したらいいでしょう?
○サラリーマンの場合
・[平均月収]の要件を適用するのが一般的です。
・余裕のあるうちにまとめて払っておきたいという方は[家賃前払い]がよいでしょう。家賃の割引もあります。
need a loan today with bad credit
○共働きご家族
・たとえばご主人の月給だけでは要件が満たせない場合、ご家族の収入も合算して[平均月収]の要件を適用することができます。
・ただし契約者本人の平均月収が月家賃の2倍以上あることが条件です。

○シェアハウス
・同居人の収入を合算して[平均月収]の要件を適用することができます。
・一緒にお住まいになる方全員が契約名義人となり、一定の収入要件を満たしていただくことになります。
・ハウスシェアリング制度対象団地に限ります。

○学生
・収入要件を満たさない学生の方でも、扶養等親族の方が収入要件を満たせばお申込みいただけます。
・ハウスシェアリング制度対象団地ならばシェアハウスとして同居人の収入も合算して[平均月収]の要件を適用することができます。

○自営業の方
・所得の証明は前年分の確定申告書の控えもしくは税務署発行の所得証明書で行うことになりますが、前年の業績によっては[平均月収]の要件を満たせないことがあります。そのときは[貯金]か[家賃前払い]の要件を適用することができます。
online cash
○転職間もない方
・転職先に所得証明書を書いてもらえれば[平均月収]の要件を適用することができます。
・所得証明書がない場合は[貯金]か[家賃前払い]の要件を適用します。

○会社を辞めて転職活動中
・定期収入が無くても貯金が月家賃の100倍があれば[貯金]の要件を満たすことができます。
・[家賃前払い]の要件を適用することもできます。

○高齢者の方(申し込み日現在満60歳以上の方)
・年金が基準額を満たせば[平均月収]の要件を適用できます。
・また月家賃の100倍があれば[貯金]の要件を満たすことができます。
・収入要件を満たさない方でも、扶養等親族の方が収入要件を満たせばお申込みいただけます。

○貯金はあるけど継続的な収入がない
・月家賃の100倍の貯蓄がある場合は[貯金]の要件が適用できます。

※詳しくはUR都市機構のホームページをご覧ください