しんかな団地リペア -いい団地だからなおして暮らす

くりの家
しんかな団地リペアくりの家

・[成約済]
・所在地/新金岡第三団地
・交通/地下鉄御堂筋線「新金岡」駅徒歩3分
 more→
さくらの家
しんかな団地リペアさくらの家

・[成約済]
・所在地/新金岡3丁1番住宅
・交通/地下鉄御堂筋線「新金岡」駅徒歩5分
 more→

「しんかな団地リペアプロジェクト」は、新金岡団地の分譲団地を改装し再販するプロジェクトです。団地不動産と「REBUIC新金岡」がタッグを組み、団地不動産はコンセプトづくりとデザイン監修をてがけました。すでに二室が完成し、販売が始まっています。

団地には今の住まいやまちにはないよさがあります。豊かな緑、散歩が楽しい遊歩道、安心して遊べる公園。明るく風通しがよく、収納たっぷりで、襖の開け閉めで自由に間取りが変えられるインテリア。古い団地には現代の住まいにこそ求められているものがたくさん詰まっているのです。

そこで、このプロジェクトでは今の時代だからこそあえて「団地らしく」改装することを意識しました。間取りはなるべく変えず、使える仕上げや金具はそのまま使いました。痛んでしまったものはオリジナルに近いものを選んで取り換えています。お気に入りの靴や着物を丁寧にリペアしながら使い続ける感覚です。

「いい団地だからなおして暮らす」
団地をリペアしながら住み続ける、古いもののよさを引き出した新しい団地です。


くりの家

小家族向きのお部屋です。使用した無垢フローリングの名前から「くりの家」と名づけました。白を基調したインテリア。昔から使い続けられてきた木の扉と人造大理石研ぎ出しの敷居を浴室に残しました。シンプルモダンな室内に懐かしく団地らしいしつらえを散りばめました。


shinkana_kuri_plan

・[成約済]
・所在地/新金岡第三団地 ※この団地についてくわしくはこちら→
・交通/地下鉄御堂筋線「新金岡」駅徒歩3分


sinkana8-110__02
白を基調としたシンプルモダンなインテリア。床は栗の無垢フローリングです。

sinkana8-110__04
リビングと和室の間の扉を開け放てば南北に風が抜けていきます。

sinkana8-110__03
団地に和室は必須です。

sinkana8-110__09
元の押入れをそのまま残したので収納はたっぷりです。

sinkana8-110__05
洗面器+鏡+棚のシンプルな洗面室

sinkana8-110__07
オリジナルの木製扉と人造大理石研ぎ出しの敷居は残しました。

sinkana8-110__06
浴室のタイルはモザイクタイルに貼りなおしました。

sinkana8-110__08
玄関扉ののぞき窓や新聞受けもそのまま残しました。

◇しんかな団地リペア 「くりの家」 物件概要
・所在地/新金岡第三団地 ※この団地についてくわしくはこちら→
・交通/地下鉄御堂筋線「新金岡」駅徒歩3分
・管理費/月3,500円 修繕積立金/月4,500円
・専有面積/45.43㎡ バルコニー面積/6㎡
・構造/RC造5階建て5階部分
・間取り/2LDK
・築年月/昭和42年7月
・駐車場/空有:月7,000円


さくらの家

ファミリー向きのお部屋です。使用した無垢フローリングの名前から「さくらの家」と名づけました。白と茶色を基調としたインテリア。昔から使い続けられてきた木貼りの壁と照明を玄関に残しました。タイムスリップしたようなザ・団地の趣が楽しめるお部屋です。


shinkana_sakura_plan

・[成約済]
・所在地/新金岡3丁1番住宅 ※この団地についてくわしくはこちら→
・交通/地下鉄御堂筋線「新金岡」駅徒歩5分


sinkana24-107_01
白と茶色を基調としたザ・団地のインテリア。

sinkana24-107_02
団地に和室は必須です。

sinkana24-107_05
木のぬくもりを感じるキッチン。

sinkana24-107_06
独立した個室を設けました。

sinkana24-107_09
洗面器+鏡+棚のシンプルな洗面室

sinkana24-107_08
浴室のタイルはモザイクタイルに貼りなおしました。

sinkana24-107_07
玄関はオリジナルの木の壁と照明を残しました。

◇しんかな団地リペア 「さくらの家」 物件概要
・所在地/新金岡3丁1番住宅 ※この団地についてくわしくはこちら→
・交通/地下鉄御堂筋線「新金岡」駅徒歩5分
・管理費・修繕積立金/月10,000円
・特別徴収金/月3,000円
・専有面積/55.55㎡ バルコニー面積/6㎡
・構造/RC造4階建て 4階部分
・間取り/2LDK
・築年月/昭和43年1月
・駐車場/ 空有:月7,000円

Photo by Daijirou Okada